北九州市小倉南区 の 寺田歯科クリニック(歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科)

〒802-0976 福岡県北九州市小倉南区南方5-13-41
徳力嵐山口駅の寺田歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
093-965-7800

矯正歯科

矯正治療について

矯正治療は早く治療をスタートすれば良いわけでも、遅くスタートしても良いわけでもありません。
お勧めするのは、子供のころに検診等で指摘されなくても、一度矯正の専門医に相談してみると良いです。
症状によって、早い時期に治療をしたほうが良いケースもありますし、永久歯がある程度生え揃ってから、ケース別に最適なスタート時期が変わってきます。
成人の場合でも、矯正治療は可能です。最近は、口元への美意識の高いことから審美的に改善することはもちろん、口腔内の予防的な意義から、多くの方が矯正治療を行っています。

矯正の流れ

1.カウンセリング

歯並びの状態、お悩みなどをうかがいます。
矯正治療の方法・期間・費用などについてご説明します。

2.検査・診断

歯・顎のレントゲン撮影、歯型の採取を行います。
検査結果から、再度治療方法などについてご説明します。

3.治療開始

矯正装置を装着して、治療を開始します。

4.通院

治療期間は、個人差がありますが2~3年です。
その間1ヶ月に一度通院して頂き、矯正の進み具合の確認・装置の調整などを行います。

5.保定期間

矯正装置を外して、歯並びが元に戻るのを防ぐ装置(リテーナー)による治療を開始します。

6.治療終了

不正咬合の種類

歯並びや噛み合わせが悪いことを不正咬合と言います。

1.叢生

歯並びがでこぼしている状態のことです。
「乱ぐい歯」「八重歯」とも言われています。

2.上顎前突

上顎の前歯が、通常よりも前に出すぎている状態のことです。
いわゆる「出っ歯」のことです。

3.下顎前突(反対咬合)

下顎の歯が、上顎の歯よりも前に出ている状態のことです。
いわゆる「受け口」のことです。

4.過蓋咬合

上の前歯が、下の前歯に深くかぶさっている状態のことです。

5.空隙歯列弓

歯と歯の間に隙間がある状態のことです。
いわゆる「すきっ歯」のことです。

6.開咬

歯を噛み合わせた時、前歯が噛みあわずに隙間ができる状態のことです。